EXILEのATSUSHIって病気なの?年末まで休養宣言!

EXILEのATSUSHIが病気で年末まで休養するという宣言をしたらしいですね!

なぜ!?

ATSUSHIが病気って本当なんですかね?

しかもATSUSHIはそのため年末まで休養するってそんなひどいんでしょうかね・・・?

今回のソロツアーでもしかしたら色々疲れてしまったんでしょうかね?

スポンサーリンク



ファンとしては調べないわけにはいかないので調べてみたいと思います

EXILE ATSUSHI 病気 休養

なんでも、中にはATSUSHIはうつ病という病気にかかってしまったのではないかという噂も広がっていますね

ATSUSHIは責任感も強いし、それに誰よりも優しいし、誰よりも気を使っていると思うし、この業界でやっていくには確かにチョット大変な世界かもしれませんが・・・でも今までやってこれたんですから、そんなこともないと思うんですがね~

 うつ病について・・・

このATSUSHIがかかってしまったんではないかという、うつ病という病気・・・この病気はどんな病気なのか、意外と知っているようで知らないこともあるかもしれないのでこの機会に調べてみましょう!

今現在、うつ病という病の診断はアメリカの先進医学会が決められたDSM-IV(ディーエスエム・フォー)が基準にうつ病診断されるらしいです

このDSM-IVのうつ病の診断基準は9つの症状があるそうです

気分が沈んでいる

『憂鬱だ』『何の望みもない』『落ち込んでいる』『悲しい』など、思い悩んだ状態。本人の言葉もしくは、周囲の人が気づく場合もあるそうです

今にも泣き出しそうな表情をしていたり、憔悴しきった雰囲気だったりする

こうした症状は午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善することが多いらしい(これを日内変動という)

興味がわかず楽しめない

これまで楽しんできた趣味や活動に、興味や喜びが持てなくなった状態らしく、『何をしても面白く感じない』『人と話すのが好きなのにかえってうっとうしく感じたり』『毎朝読んでいた新聞を読む気になれなかったり』『週末は必ずゴルフの練習に行っていたのにつまらなくなってしまった』とか、関心や欲求が異常なほどに低下する。その変わりぶりは周りから見ると、人が変わってしまったように思えるほどだともいう。

欲求が低下(増加)、体重が増減(食欲の減退や増加)
一般的にうつ病という病気は食欲が低下することが多いらしく、その為体重が1か月で数キロも落ちてしまう事も珍しくはないらしい。
『何を食べてもおいしくない』『お腹が空かない』と言いながら、何か食べないといけないと思うため、食べ物を無理やり押し込んでいることもあるという。反対に食欲が増して甘いものなど特定の食べ物ばかりをほしがる例もあるそうです。
寝付けない、夜中や早朝に目が目が覚める(睡眠障害)
うつ病という病気は不眠がよくあらわれるそうです。
寝る気が悪くなるばかりではなく、夜中、もしくは早朝に目が覚めてしまう事があるそうです。
特に、朝の早い時間に目が覚め、その後から寝れないことが頻繁にある(これを早朝覚醒という)
このため熟睡感がなく、体調もすぐれないため、すぐに起き上がることもできないらしい。
患者さんによっては逆に、夜睡眠が極端に長い、あるいは日中も寝てばかりといった過眠になるケースもあるらしい。生命を維持する上で欠かすことができない食事と睡眠に異常をきたしてしまうため、生きるためのエネルギーがどんどん低下して行ってしまうということらしいです。

スポンサーリンク



動きやしゃべり方が遅い、またはイライラしたり、または落ち着きがない(精神運動機能の障害)
体の動きがやけに遅くなったり、口数がへって喋らなくなったり、声も小さく聞こえないほどであるなど、周囲の人から見てもわかるほどの症状がみられるという。また、逆にじっとしていられず、落ち着きがなく体を動かしたり、歩き回るようなこともある、これを焦燥感という。
焦燥感が強いときは、本人は辛さを解消するために焦って話し続けるなどといった行動に出ている場合もあるらしい。
パッと見は元気に見えてしまうので、周囲の方は特に注意が必要だという。
身体にひどく疲れを感じたり、気力がわいてこない
何もしてないのに、ひどく疲れを感じたり、体が非常に重く強い倦怠感を感じる症状がみられるらしい。気力が低下して何もする気が起きず、洋服を着るといった日常的な事でさえ時間がかかってしまうらしい。
本人は何とかしなければならないという気持ちはあるが、どうしても気力がわかないといった状態らいしです。
自分自信に価値が無いなど、または申し訳ないと感じている(強い罪責感)
典型的なうつ病という病気では特に理由もなく自分を過剰に責めたり、過去の些細なことを思い出しては悩むといった症状がみられるらしく、自分を責めるあまり、『自分はこの世からいなくなったほうがよい』と思い込んで、会社の業績や成績が落ちたことまでを妄想して自分自信の責任だと自ら思い込むようになったりしてしまうらしい。
仕事や家の事に集中することや、決断することができない(思考力・集中力の低下)
注意力が散漫になり、集中することが出来なくなるため、仕事や家事が以前のようにすすまなかったり、出来なくなったりするらしい。
また、決断力が低下し、色々と考え込んでしまうため何も決められない状態になることがあるという。このためうつ病という病気の患者さんは悲観的な決断をして会社をやめてしまったり、離婚をしちゃう事もあるという。本人が決断しないようにすることが重要になるため、その人の周囲の人は注意しておくことも必要らしい。

 

この世から消えてしまいたいと思う事がある
気持ちが沈んで辛くて仕方がないため、死んでしまったほうがましだと考える症状がみられるという。うつ病という病気の中で最も気を付けなければならないのは患者さんの自殺。一般的に気分が沈みきって何もする気がない状態では自殺をする気力も行動力もわかないらしいが、少し症状がよくなると、死にたいという感情が湧けばすぐに実行にうつしてしまうという・・・
治療をしていく中で患者さんが死んでしまいたいという気持ちは、繰り返し沸いてきてしまう。自殺念慮がある場合はすぐに専門医の診察を受け、そして主治医や家族、友人など周囲の人との間で絶対に自殺はしないと約束することが重要になるという。
自殺念慮が非常に強い場合は入院して治療する必要があるという。
その他の症状・・・
不眠
食欲不振
全身倦怠感
痛み(腰痛・肩こり・肩の痛み・頭痛)
めまい
胃腸症状(下痢・便秘)
発汗
性欲減退・インポテンツ

これらの症状は、うつ病という病気以外のどんな病気にもみられがちですが、患者さんによっては抗うつ気分や興味の喪失などの精神症状よりも、身体症状が前面に出ている場合が多くあるらしい。

また、うつ病という病気は糖尿病や高血圧といった生活習慣病、更年期障害、脳梗塞などの脳血管障害の病気や、パーキンソン病という病気など、様々な疾患に合併することが多いことも知られているそうです

うつ病という病気の比較的初期のしょうじょうとして、『不安感』はほとんどの患者さんにみられるという。うつ病という病気によっていろいろな症状が重なり、今まで出来たこともままならなくなるため『自分はこのままどうなってしまうんだろう』『周りからどう見られているんだろう』『1人でいることがたまらなくつらい』といった不安が次々と襲ってくるという。

不安なままでは治療もままならないため、まず、患者さんの不安感を減少させることが重要という。

しかし、このような症状をいちいち気にしてみるにはちょっと大変かもしれませんね

しかしATSUSHIはこのうつ病という病気に本当にかかってしまったのでしょうか?

 

ATSUSHIが年末まで休養・・・理由は?

ATSUSHIが年末まで休養するという話については、なんと自身のソロライブツアー最終日に『年末まで休養する』ことを発表していたそうです

この理由についてATSUSHIはなんと・・・

歌う事など、さまざまなことに疲れてしまったそうです・・・(涙

今回のソロライブでもATSUSHIは体調があまりよくなく、思うように歌えなかったらしいです

その為年末まで休養することに決めたそうですよ・・・

それに、この発表をするときはライブの最終日ステージで泣き崩れて、土下座のような形で発表になったらしいですよ

確かに、私の知り合いの方で今回ATSUSHIのソロツアーへお仕事で同行した方がツアーが終わった後、意味深な事を言っていたのを思い出しました

それがこの最終日の発表だったんだと今調べていてわかりました

確かに、歌手でも思うように歌えない時や辛いときもあると思いますがきっと、休養という理由についてはほかにも色々な事が重なったんだと思います

うつ病という噂があるのはチョット残念ですが、これも本当のところはわかりませんし、たとえ、そうだとしても、きっとATSUSHIなら完治させてくれるでしょう!

でも、ATSUSHIのFacebookでは最近ラーメンを食べてる写真をアップされていたのですが、その記事の文章などからは特に、病気という感じはなかったんですがね・・・

ま、ずっと走り続けてきたATSUSHIですから、こういう時期があってもいいかもしれませんよね

しかし、まだ、ATSUSHIがソロツアーの最終日にステージで発表したきりで、正式な発表はまだないそうですが

ま、とにかく年末までゆっくり休んで、年末には元気な姿を見せてほしいですね!

 雑談・・・

ちなみに私も3、4年前になりますが、自律神経をおかしくしてしまい、つらい思いをした時があります

色々調べた結果、病気の名前は、心臓神経症という病名でした

症状は、まず、始めに手足が冷たくなってきて、震えてきます

低血糖になったかのような症状です

その後、座った状態でも150以上の脈拍をうち、場合によっては意識を失う事もありました

その時は冷や汗を垂れるほどかいたりするときもあったりして、とっても気持ち悪いこともあります

この病気になってからは、人混み、車の中や美容室、電車などそういった場所に行くとその症状が出てしまうので、なるべく家から出ないようにしていた時期もありました

この病気になった原因について考えた結果

自律神経がおかしいときというのは副交感神経の働きに異常があるということを調べてわかりました

副交感神経は規則正しい生活など運動したり、深呼吸したりすることで正しい働きをするらしいのですが、同時の私の生活は10代前半は片親が育てるという生活から12歳からまた環境が変わり、遊びまくり(笑

それから大体昼夜が逆な生活を送りました(笑

中学校もまともに行かずで、高校も夜間学校・・・

でも、高校生になってからは昼間はアルバイトをして夜は学校という生活をおくり、いつしか無駄に遊ぶこともなくなり、普通の生活に戻ったんですが、あることがきっかけで20代前半は仕事を3つ掛け持っていたため夜寝る時間がなく、昼も夜も働いていた日が多々ありました

そんな時にこの病気になりました

今までの自分の生活の行いや、周りの環境、精神的なものすべてが積み重なり、結果、そういった病気になってしまったんだと思います

ATSUSHIの話に戻りますが、芸能界という世界も華やかな分、自分のプライベートという時間はほとんど好きなようには使えません

日中は特に、外を歩くにはとっても気を遣うでしょうし、日中動けないがために、夜遅くに活動することが多くなるのではないでしょうか・・・

ATSUSHIはよく、朝までお酒を飲んだりすることが多いという話を聞きます

そんな生活からもきっと今回の体調不良につながったのではないかとも思います

しかし、こういった自律神経の病気は周りの人からはなかなか分かりにくかったり、気づいてもらえなかったりします

もし、本当にATSUSHIの体調がそういったうつ病や自律神経からくるような病気であれば、ちゃんと静養して、私のように薬などには頼らず、規則正しい生活をして、適度な運動をし、健康的な食事をし、定期的に深呼吸をしているだけで私みたいにそういった病気も治ることもあるので是非出来ることから直していって体調を完璧に治して元気なATSUSHIになってほしいですね!

スポンサーリンク



関連記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ